【芸能人の包茎】ベッカムの包茎写真流出事件ーデイビッド・ベッカムは完全な包茎だった

投稿日:

 

イケメン代表ディビッド・ベッカムの包茎まとめだよ!

 

名前 デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム
生年月日 1975年5月2日 (年齢 45歳)
生まれ ロンドン、レイトンストーン
配偶者 ヴィクトリア・ベッカム
テレビ 2018 FIFA ワールドカップ、ベッカムの素顔
書籍 ベッカムすべては美しく勝つために、DAVID BECKHAM / デイビット・ベッカム、ベッカム 英国メディアが撮った、イングランドの至宝4年間の記

 

デイヴィッド・ベッカムのヌード写真が完全なる包茎

デイヴィッド・ベッカムのヌード写真を見た事のある人はいますか?

 

一見すると、美しいアート作品ですが、下半身に目をやると何やら想像とは少し異なる代物が付いてます

 

ベッカムの完全なる包茎写真

 

サイズこそまずまずの大きさなれど、完全に皮を被ってうなだれている包茎ちんこがはっきりと映っています。

 

それはどこからどう見ても完全な包茎であり、初見の人は思わず二度見してしまうほどの破壊力を持った写真になっています。

 

 

世の中にはベッカムの仮性包茎に興味がある方が多い

 

ベッカムが仮性包茎であることに興味がある方が多いようです。

 

その証拠にベッカムだって仮性包茎」という記事にアクセスが殺到したこともありました。

 

仮性包茎は恥ずかしくない?

あの写真を見て驚くことは、あんなにも完全な仮性包茎をさらけ出しているにもかかわらず、当のベッカムは恥ずかしがる様子などなくむしろ爽やかな笑顔で決めポーズをとっていること。

 

「は、、恥ずかしくないの?」

 

それはどうやらわれわれ日本人の感覚なようです。

 

ロンドンでは包茎は普通・・だった?

 

そもそもベッカムの育ったロンドンは、仮性包茎が普通となっており、恥ずかしい物ではなと考えてられているのです。

 

世界で仮性包茎が恥ずかしいとされているのは、日本人くらいではないでしょうか。

 

また統計的に日本人男性の約7割が仮性包茎だと言われていますので、ズル剥けの方が逆に少数派なので恥ずかしいと感じるはずなのです。

 

 

ベッカムだって仮性包茎

 

上記でも紹介しましたが、海外有名人のゴシップ誌でイギリスの有名プロサッカー選手であるデイヴィッド・ベッカム選手が、全裸になっているアート作品が流出しています。

 

このヌード写真はイギリスのゴシップニュースでも話題になっておりおそらく本人の写真だろうといわれています。

 

ベッカム以外のイケメン仮性包茎

 

世の中には、ベッカムの他にもジャスティンビーバー、レオナルドディカブリオなど世界的な有名人も仮性包茎である事が解っているため、決して恥ずかしい事では無いのです。

 

 

全裸アートで判明したデイヴィッド・ベッカム

https://twitter.com/ayatokeiba072/status/1217694540611457024

アート作品のベッカム包茎情報は日本で大変話題となりましたが、写真を見るとベッカムの股間は、通常サイズより大きめです。

 

写真では完全な包茎ですが、勃起すれば剥ける仮性包茎なのか真性包茎なのかは実際に彼の股間を見た事のあるヴィクトリア・ベッカムやS・ゴメス・ジャスティンにしか解らない事実となっています。

 

ベッカムはすでに子供を授かっている事実からもわかるように、セックスができているため真性包茎ではないような気がします。

 

ベッカムはなぜ包茎のままなのか?

非の打ち所のない美男子、ベッカム。

 

かの美男子にも包茎という欠点があることがわかりました。

 

包茎さえ直せば完璧なイケメンなのに包茎手術しないの?そう思いますよね。

 

欧米の包茎手術事情

 

欧米では昔から生まれたばかりの新生児に包茎手術をする事が一般的でした。

 

そもそも欧米で包茎手術が広まった理由は、諸説ありますが、19世紀末に自慰行為に対する罪悪感があった事、また自慰行為によって記憶力低下、心臓病、麻痺などに繋がる可能性があると信じられていた事から包茎手術が行われるようになったようです。

 

その後戦後、性病や陰茎ガンなどの予防に効果があるとして普及していったと言われています。

 

最近は、あえて包茎手術をしない方向に

1980年代までは、新生児の多くが包茎手術を受けていたのですが、手術リスクの問題や非人道的という意見もあり1998年に小児科学界から包皮切除を推奨しないガイドラインが出されました。

 

結果、現在包茎手術を受ける男児は減少傾向になったと言われています。

 

それが理由でベッカムも赤ちゃんの頃に包茎手術を受けることなく、現在に至ったのかもしれません。

 

仮性包茎であれば、あまり気にしないというのが世界のスタンダードになりつつあるようです。

 

まとめ

ディビッド・ベッカムの包茎話をまとめました。

 

 

  • この記事を書いた人
看護師ゆみなー

看護師ゆみなー

大学病院勤務後美容外科クリニックへ転職。これまで10人以上のドクターのオペ介助につき、おおくの患者さんを担当。

© 2020 包茎手術クリニック比較・おすすめ・口コミ体験談 Powered by AFFINGER5