【包茎手術失敗】ペリカン変形の原因と避ける方法

ナースゆみなーです。

包茎手術でお悩みでしょうか。

この記事は・・

 

「ペリカン変形って何?」

「ペリカン変形は予防できるの?」

 

ペリカン変形についての解説記事になります。

ゆみナース
プロがわかりやすく解説するよ!

 

ペリカン変形とは

 

ペリカン変形とは、包茎手術後のペニスの変形です。

ほうけい手術の後遺症・失敗などと言う人もいます。

 

ペリカン変形の形

 

ペリカン変形になると、見た目がこのようになります。

ちょうどペニスの亀頭下の裏筋部分がぶっくりと腫れあがり、ボコボコと膨らみ亀頭よりも目立った状態になります。

パット見て明らかに「醜いペニス」「異常なペニス」に見えてしまいます。

 

ゆみナース
見た目が変!明らかに失敗に見える!

 

ペリカン変形の問題

ペリカン変形の最大の問題は「見た目が異常」という点。

誰がみても「異常なペニス」に見えてしまいます。

患者さんは包茎というコンプレックスを解消したかっただけなのに、ペリカン変形になってしまったことで新たなコンプレックスを抱えてしまうことになるのです。

 

ペリカン変形の原因

包茎手術後にペリカン変形になってしまう原因はいくつかあります。

 

裏スジを残す亀頭直下埋没法

ペリカン変形は、傷の下が膨れ上がっていてその中にリンパ液が溜まっている状態です。

裏スジを残す(包皮小帯温存型)タイプの亀頭直下埋没法の場合、裏スジをV字にカットします。

裏スジの形でV字にカットした皮膚ををまっすぐに縫い合わせるため縫合が複雑になるのですが、上の皮膚と下の皮膚をバランスよく縫い合わせていかないと隙間ができてしまうのです。

 

医師の経験不足

包皮小帯温存型亀頭直下埋没法はとくになんですが、環状切開法と比べると本来難易度が高いんです。

 

だからこそ経験豊富な医師でないと、ペリカン変形リスクは激増します。

 

術後のセルフケア不足

亀頭直下埋没法の場合は特に術後はよく腫れるので、一時的にペリカン変形のように見えますがこれは心配いりません。

術後は一時的に裏スジ側がパンパンに腫れあがるのですが、このとき適切に包帯圧迫ができていないとペリカン変形のリスクはグンと跳ねあがります。

 

包帯をしっかり巻きなおすのがコツ

良くある失敗

包茎手術後に包帯を外した直後は平らだったのに、しばらくして膨らんできてペリカン変形になってしまった。自分で圧迫してもうまくいかない。

包帯を外した後、自分でどれだけしっかり包帯圧迫できるがが重要です。

包帯圧迫が甘いと皮膚と皮膚の隙間にドンドンリンパがたまってしまい本来くっつくべきだった皮膚がくっつかないままになってしまいます。

 

ペリカン変形の予防法

ペリカン変形自体、そんなに頻度の多い後遺症ではないのであまり心配いらないのですが、「どうしても予防したい!」というならいくつか注意が必要です。

 

環状切開法をえらぶ

環状切開法は、裏筋部分よりも下の部位で切開するので複雑な縫合が必要なくペリカン変形になるリスクは低いです。

ただし、位置的に傷そのものが目立ちやすかったりツートンカラーになったりするので、必ずしも術後の見た目が良いとは限らないためご注意ください。

 

環状切開法についてはこちら

【包茎手術】環状切開術のすべてーツートンカラー・傷跡・価格・感度

続きを見る

 

裏スジ切除型亀頭直下埋没法をえらぶ

裏スジを残そうとすると、裏スジの形に添ってV字にカットして縫い合わせなくてはいけません。

一方で、裏スジを残さなければリングのようにまるっと切開するだけなので縫合の隙間ができにくく、ペリカン変形のリスクは下がります。

環状切開法と違って、亀頭直下(カリのすぐ真下)に沿うように傷跡ができるので傷が目立ちにくいというメリットがあります。

反面、性感帯であるカリ筋(裏スジ)が切り取られてしまうのでそれが困るという人はやめた方がよいですね。

 

経験豊富な医師を選ぶ

ペリカン変形だけでなく、そもそも環状切開法であろうと絶対に経験豊富な医師を選ぶべきです。

経験豊富な医師とは「包茎手術の件数が多い医師」にほかなりません。

大学病院や市民病院の泌尿器科では包茎手術は年間数件しかないのでいくら健康保険が使えても避けるべきでしょう。

泌尿器科で包茎手術を受けるのをおすすめしない理由はそういうわけです。

 

経験豊富な包茎手術医の選び方はこちら

【ナースが語る】ほうけい手術名医を紹介|私が出会った包茎手術の名医

続きを見る

 

術後の圧迫をしっかりやる

患者さん側にも責任はあります。

包茎手術後に包帯を外したあとも、自分で包帯をしっかり巻いて圧迫をしないといけません。

包帯が緩かったり、ついつい巻かないままでいるとボンボンに腫れあがりいつまでたってもリンパが引かず、ペリカン変形になってしまうことがあります。

圧迫のコツは均一に圧をかけていくことです。

 

術後のセルフケアはこちら

【プロが教える】包茎手術の術後を解説!術後の痛みや抜糸・セックスやオナニーは?

続きを見る

 

ペリカン変形を過度に恐れる必要はない

基本的にペリカン変形はめったにない後遺症です。

一時的に発生しても、圧迫や時間経過とともに落ち着いてくる人がほとんどなのであんまり怖がらないでください。

それよりも、ちゃんとした医師を見つけて自分に合った方法で包茎手術を受けることの方が100倍大事です。

人気の記事

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13

© 2021 ナースゆみなーの包茎手術クリニック比較・おすすめ・口コミ体験談 Powered by AFFINGER5